AngelFish.jp
このサイトは熱帯魚の女王と呼ばれるエンゼルフィッシュ(Pterophyllum scalare)をプロブリーダーによる
長年の飼育・繁殖経験に基くノウハウの一部を公開しの魅力と飼育・繁殖など総合情報を提供するサイトです。
徹底飼育マニュアル
コンテンツ一覧
第1章 エンゼルフィッシュってどんな魚?

第2章 失敗しないエンゼルフィッシュの購入ポイント

第3章 飼育に最適な水槽サイズと飼育可能なサイズと量について

第4章 エンゼルの飼育に最適な濾過装置とは?

第5章 エンゼルフィッシュにとって最適な餌はどんな餌?

第6章 飼育可能な水質・水温と最適な水質・水温について

第7章 エンゼルフィッシュと相性の悪い魚達

第8章 エンゼルフィッシュと相性の良い魚達

第9章 改良品種によって異なる飼育の難易度について

第10章 エンゼルフィッシュの寿命と繁殖可能な年齢について

第11章 輸入エンゼルとエンゼル病について

第12章 エンゼルの調子が悪い? 病気とその対処方法について

第13章 エンゼルフィッシュの水槽レイアウトについて
 
 
サイトコンテンツ一覧

サイトトップページへ

■徹底飼育マニュアル
  (第1章〜第13章まで)

改良品種カタログ
  (解説付きオンライン図鑑)

魚種別・混泳マニュアル
  (種別・混泳ポイント)

繁殖方法と命を扱う責任
  (ペア作り〜繁殖まで)

飼育・繁殖 思案
  (飼育・繁殖に関する情報)

掲示板
  (アクアリスト交流の場)

エンゼル水槽の案内
  (アクアリスト水槽のご紹介)

AQUARIUM-LINK
  (アクアリウム関連リンク集)
    
 
PR

当サイトの運営をしている
ブリーダー直販のショップです。
良い魚をお求めの方はぜひ
ホームページをご覧下さい。
 
エンゼルフィッシュ徹底飼育マニュアル 第2章
失敗しないエンゼルフィッシュの購入ポイント
  
 エンゼルフィッシュを購入する際にはちょっとしたポイントがいくつか存在します。 このページでは失敗しないエンゼルフィッシュの購入時のポイントについて紹介していきます。
 
 エンゼルフィッシュって弱い魚?

 よく初めてエンゼルフィッシュを購入したと言う方から「近くのお店でエンゼルフィッシュを飼ったら全部、死んでしまいました。なんでエンゼルフィッシュってこんなに弱いんですか?」と言う質問を受ける場合があります。 基本的にはエンゼルフィッシュは初心者向けと言われるネオンテトラやグッピーと比べてもはるかに丈夫な熱帯魚です。 ただ、これは飼育する上での話であり購入時には病気になっていないエンゼルフィッシュを購入する事が大前提です。 特に輸入直後のエンゼルは「エンゼル病」と言う非常に厄介な病気を保有している場合が多く、見た目は元気でも徐々に病気が現れて死んでしまう場合が多く見受けられます。 詳しくは「輸入エンゼルとエンゼル病について」をご覧下さい。
 外国産エンゼルと国産エンゼルの違いについて

 主にお店で販売されているエンゼルフィッシュは主に2つのタイプに分ける事ができます。 1つは主に東南アジア方面で養殖されて輸入される「外国産エンゼル」、もう一つは国内で養殖された「国産エンゼル」です。

 外国産エンゼルはコストの都合上、沢山のエンゼルが1つの袋に詰められて東南アジアなどから日本に空輸されて来る為、見た目は何も問題なくても相当な輸送のダメージを受けており、弱った所に「エンゼル病」や他の病気を発病するパターンが非常に多く見受けられます。 (普通の熱帯魚店でエンゼルの名前に「国産」と示されていない場合は大半が外国産エンゼルです)

 国産のエンゼルフィッシュは著者である私を含めて国内のブリーダーによって養殖されたエンゼルフィッシュです。 値段は輸入エンゼルに対してやや高価な場合がほとんどですがその分、「エンゼル病」の心配がない為、初めての方でも安心して購入する事が出来ます。 ただし、外国産のエンゼルを扱っているお店の場合、衛生管理を徹底していない粗悪な対応ではいくら国産のエンゼルでも「エンゼル病」に感染しますのでそのようなお店で国産エンゼルを購入する場合は充分な注意が必要です。
 エンゼル病の影響でより安心して購入できる
            ブランド化された「国産エンゼル」

 国産エンゼルそのものはエンゼル病の発生依頼から丈夫で高品質なエンゼルフィッシュとして確立していましたが、エンゼル病の発生以降は病気のない安心して購入できるエンゼルフィッシュとしての意味合いが非常に強くなっています。 少なくとも現在はエンゼルフィッシュの最大の購入ポイントはエンゼル病に感染しているかどうかが最も重視される状況になっています。 国産エンゼルは基本的に輸入のエンゼルと比べて3割から5割程度、価格の高い場合が多いですが、もし輸入エンゼルを購入して全部死んでしまう場合がある事を考えれば国産のエンゼルフィッシュを選ぶ事が結果として良い結果を表すことになります。
 外国産エンゼルの購入ポイント(非推奨)

 少なくとも著者は外国産のエンゼルフィッシュはエンゼル病の脅威がある為にお勧めはしませんが、もしどうしても欲しいと言うのであればエンゼル病の発生状況を細かく調べてしっかりとお店でトリートメント(治療済み)の個体を購入する事が大切です。 エンゼルフィッシュを買う前にそのエンゼルが何時入荷した個体なのかを店員さんに聞いてみて下記で説明するように入荷後10日以内の個体や、曖昧な答えでごまかすような場合は購入を控えたほうが良いでしょう。

 外国産エンゼルを購入する場合はそのお店にエンゼルがいつ入荷したのか聞いてエンゼル病の潜伏期間である10日前後を最低でも問題無く水槽で飼育されている個体を選ぶ点が最も重要です。 エンゼル病の潜伏期間を過ぎても元気にしているエンゼルでしたら購入しても問題はないでしょう。
 ただ、病気が発病していなくても飼育水に病気の元がある場合もありますから自分で飼育しているエンゼルとは最低でも10日前後は別の水槽に飼育してから水槽に移動する方が賢明です。

 すでにエンゼルフィッシュを飼育されている場合はさらに注意が必要です。 エンゼル病は病気が水槽内に入った場合、確実にいままで元気だったエンゼルにも感染してしまいます。 新しくエンゼルを買い足す場合には最低でも1ヶ月は別の水槽で様子を見た上で混ぜるようにしたほうが無難です。

 値段の安さを優先して病気の持込みで嫌な思いをするか、それとも多少、高価でも信頼の置けるエンゼルを買うかそれは全て飼育する方のモラルとポリシーによるものでしょう。
コンテンツ・イメージ


たとえ飼育の難易度がやや高い品種でも誰でも元気一杯に見えるような良いエンゼルを入手できれば飼育はそれほど難しいものではありません。(写真はアルビノトリカラーダイヤモンドエンゼルとブラックブラッシングダイヤモンドエンゼル)
 
このページのトップへ戻る