AngelFish.jp
このサイトは熱帯魚の女王と呼ばれるエンゼルフィッシュ(Pterophyllum scalare)をプロブリーダーによる
長年の飼育・繁殖経験に基くノウハウの一部を公開しの魅力と飼育・繁殖など総合情報を提供するサイトです。
徹底飼育マニュアル
コンテンツ一覧
第1章 エンゼルフィッシュってどんな魚?

第2章 失敗しないエンゼルフィッシュの購入ポイント

第3章 飼育に最適な水槽サイズと飼育可能なサイズと量について

第4章 エンゼルの飼育に最適な濾過装置とは?

第5章 エンゼルフィッシュにとって最適な餌はどんな餌?

第6章 飼育可能な水質・水温と最適な水質・水温について

第7章 エンゼルフィッシュと相性の悪い魚達

第8章 エンゼルフィッシュと相性の良い魚達

第9章 改良品種によって異なる飼育の難易度について

第10章 エンゼルフィッシュの寿命と繁殖可能な年齢について

第11章 輸入エンゼルとエンゼル病について

第12章 エンゼルの調子が悪い? 病気とその対処方法について

第13章 エンゼルフィッシュの水槽レイアウトについて
 
 
サイトコンテンツ一覧

サイトトップページへ

■徹底飼育マニュアル
  (第1章〜第13章まで)

改良品種カタログ
  (解説付きオンライン図鑑)

魚種別・混泳マニュアル
  (種別・混泳ポイント)

繁殖方法と命を扱う責任
  (ペア作り〜繁殖まで)

飼育・繁殖 思案
  (飼育・繁殖に関する情報)

掲示板
  (アクアリスト交流の場)

エンゼル水槽の案内
  (アクアリスト水槽のご紹介)

AQUARIUM-LINK
  (アクアリウム関連リンク集)
    
 
PR

当サイトの運営をしている
ブリーダー直販のショップです。
良い魚をお求めの方はぜひ
ホームページをご覧下さい。
 
エンゼルフィッシュ徹底飼育マニュアル 第4章
エンゼルの飼育に最適な濾過装置とは?
 熱帯魚を飼育する為にで最低限の必需品し言える器具が濾過装置(以下、フィルター)です。 現在は飼育器具の発達によって様々なタイプのフィルターが発売されています。 このページではエンゼルフィッシュが求めるフィルターの条件とフィルターの種類について説明します。
 エンゼルフィッシュの特性を知る
 まず、ネオンテトラやグッピーのような小型魚とは違い、中型のエンゼルフィッシュは非常に大食漢の魚です。 沢山の餌を食べる為に同然の事ながら排泄物も多くなる事になります。 その為、利用するフィルターは出来るだけ濾過能力の高い高性能なフィルターを利用する事をお勧めしますが、濾過能力の高いフィルターは当然の事ながら強い水流を起こす為、多少の水流は問題ありませんが、あまりに水流が強いと泳ぐのが大変になりますから水流を弱める必要になってしまいます。

 エンゼルフィッシュを飼育する際には飼育する数にもよりますが、良く食べる分だけ排泄物が多いのでメンテナンスの楽なフィルターがお勧めです。 フィルターには色々な種類がありますから自分の使いやすい、濾過能力の高いフィルターをが好ましいと言えるでしょう。 このページでは市販のフィルターについて種類別に解説をしていますのでご自身で自分に最適と思えるフィルターを探してみて下さい。
 初心者から上級者まで幅広く愛用されている
  最もスタンダードな 「上部式フィルター」
 濾過能力 ★★★★☆  使いやすさ ★★★★☆
 このフィルターは主に熱帯魚飼育セットに付属している場合の多いフィルターです。 水槽内に手を入れなくてもフィルターの掃除が出来る為、メンテナンスも用意なフィルターの1種ですが濾過能力も非常に高く、濾材の種類も魚にあわせて変更でき、酸素を大量に支給できる為に沢山の熱帯魚を飼育する場合にお勧めなフィルターです。
 水草とエンゼルを楽しみたい方に
   お勧めの「外部式パワーフィルター」
 濾過能力 ★★★★★  使いやすさ ★★★☆☆
このフィルターは「上部式フィルター」とは逆に水中の二酸化炭素を逃がさないように設計されたフィルターです。 水草を育てる為には二酸化炭素を必要としますから上部式フィルターでは丈夫な水草しか育ちませんが、こちらを利用をお勧めします。 フィルターの濾過面積が広い為、能力も非常に高く水草用の水槽以外にも大型魚のフィルターにも多く利用されています。 設置には多少、セットが面倒な面がありますがメンテナンスの回数はそれほど必要としない為、一度セットしてしまえばそれほど面倒なフィルターではありません。
 敷き砂を利用し主に小型魚の飼育に
   良く利用される「底面式フィルター」
 濾過能力 ★★★★☆  使いやすさ ★★★☆☆
 このフィルターは水槽の底にセットして水槽に入れる「砂」を利用して濾過を行うフィルターです。 エアーポンプを利用した「エアリフト式」と水中モーターによって動作する「モーター式」の2種類が存在します。 モーター式であれば二酸化炭素を逃がさずに利用できる為、水草水槽にも利用できます。 濾過能力もそれなりに高いのですが、定期的に砂を掃除していないと砂にゴミで詰まると事により極端に濾過能力が低下するので注意が必要です。
 ワンタッチでセットできるセットが
        簡単な「外掛式フィルター」
 濾過能力 ★★★☆☆  使いやすさ ★★★★★☆
 水槽の枠に掛けるだけで利用できるフィルターです。 ただ、主に45cm以下の小型水槽用のフィルターがほとんどの為、用途は限定されますが、小型水槽用のフィルターでは濾過能力もそれなりに高くメンテナンスも用意なフィルターです。
 濾材は活性炭などを使用した使い捨ての物が多く、生物濾過を中心とした長期飼育にはあまり向かない事、また交換用の濾材にコストがかかるので簡単に使えるフィルターですがあまりエンゼルにはお勧めできません。
 小型魚の飼育や繁殖に利用される
  稚魚の育成に適した「スポンジフィルター」
 濾過能力 ★★☆☆☆  使いやすさ ★★★★★☆
 このフィルターの小さな稚魚や餌などを吸い込まないのが最大の特徴です。 その為、グッピーやベタの仲間などに利用される事が多いフィルターです。 濾過能力もそれなりに高いものが多いのですが、スポンジの質によっては非常に目が詰まりやすいのでエンゼルの稚魚を育成するときは良いのですが、エンゼルフィッシュが大きくなると排泄物の多いのであまりお勧めは出来ません。
 メインのフィルターとしてでは無く、補助用のサブフィルターとして利用する事で水質の安定化を促進する効果は高いと言えます。 エアーポンプで動作させる「エアリフト式」が一般的ですが、中には水中モーターを利用するタイプも存在します。 エンゼルフィッシュに利用する場合は1ランク上のサイズを利用する事がポイントです。
 補助フィルターとして最適な
           「投げ込み式フィルター」

 濾過能力 ★★☆☆☆  使いやすさ ★★★★★★
 これはエアーポンプに継いで水槽に入れるだけの非常に簡単なフィルターです。 簡単な反面、濾過能力はそれほど高くなく、メインのフィルターとして利用するよりは補助用のサブフィルターとしての役割が大きいと思います。 最も古くから利用されているタイプのフィルターの1つですが、あまり過度な濾過能力に期待しないほうが懸命です。
 海水魚などで多く利用されディスカスなどの
     飼育にも普及「ウエット&ドライ式フィルター」
 濾過能力 ★★★★★ 使いやすさ ★★☆☆☆
 このフィルターは海水魚では比較的古くから利用されていましたが、淡水魚の場合はディスカスが流行りだした頃から利用されるようになった比較的新しいタイプのフィルターです。
 濾過を行うバクテリアは沢山の酸素を好むタイプのバクテリアが多く、このフィルターはパワーフィルターとは逆に濾過層内に積極的に空気を取り入れるタイプのフィルターです。 ディスカスのような排泄物の多く、水質な敏感な魚に適した強力な濾過能力を秘めたフィルターですが、あまり一般的ではないので初心者の方にはお勧めできません。
コンテンツ・イメージ
ブラックエンゼル
エンゼルフィッシュはネオンテトラやグッピーよりも体が大きいのでそれだけ大量の餌を食べるので沢山のエンゼルを飼育する場合はフィルターも1ランク強いタイプがお勧めです。(写真はブラックエンゼル)
 
コンテンツ・イメージ

 外掛式フィルターはあまり有効濾過面積も大きくなく、使用できる濾材も限定されてしまう為、エンゼルの飼育にはあまり向かない種類が多いと言えるでしょう。

 単体で利用するよりも他のフィルターと併用する事で食欲旺盛なエンゼルも問題なく飼育できます。(写真はテトラ社製 外掛式フィルターOT-30)
   
コンテンツ・イメージ

 スポンジフィルターは各メーカーより色々な種類が発売されています。 濾過能力はモーターを使用するフィルターに劣る面はありますが、利用が簡単でサブフィルターとして利用したり、繁殖の際に卵や稚魚を吸い込む心配が無いので重宝するフィルターの1つです。(写真はスドー製 ブリーディングフィルターM)
     
コンテンツ・イメージ

 敷砂を利用して濾過を行なう底面フィルター。水槽の砂の全体を利用して濾過を行なう為、簡単なフィルターでありながら濾過能力は高いフィルターです。 ただし、敷砂の汚れを定期的な洗浄を行なわないとエロモナス症の発生原因となるなどメンテナンスにも多少の技術が必要です。(写真はニッソー製 バイオフィルター)
 
星の数は★が多いほど良く☆が多いほど評価が低くなります
 
このページのトップへ戻る