AngelFish.jp
このサイトは熱帯魚の女王と呼ばれるエンゼルフィッシュ(Pterophyllum scalare)をプロブリーダーによる
長年の飼育・繁殖経験に基くノウハウの一部を公開しの魅力と飼育・繁殖など総合情報を提供するサイトです。
徹底飼育マニュアル
コンテンツ一覧
第1章 エンゼルフィッシュってどんな魚?

第2章 失敗しないエンゼルフィッシュの購入ポイント

第3章 飼育に最適な水槽サイズと飼育可能なサイズと量について

第4章 エンゼルの飼育に最適な濾過装置とは?

第5章 エンゼルフィッシュにとって最適な餌はどんな餌?

第6章 飼育可能な水質・水温と最適な水質・水温について

第7章 エンゼルフィッシュと相性の悪い魚達

第8章 エンゼルフィッシュと相性の良い魚達

第9章 改良品種によって異なる飼育の難易度について

第10章 エンゼルフィッシュの寿命と繁殖可能な年齢について

第11章 輸入エンゼルとエンゼル病について

第12章 エンゼルの調子が悪い? 病気とその対処方法について

第13章 エンゼルフィッシュの水槽レイアウトについて
 
 
サイトコンテンツ一覧

サイトトップページへ

■徹底飼育マニュアル
  (第1章〜第13章まで)

改良品種カタログ
  (解説付きオンライン図鑑)

魚種別・混泳マニュアル
  (種別・混泳ポイント)

繁殖方法と命を扱う責任
  (ペア作り〜繁殖まで)

飼育・繁殖 思案
  (飼育・繁殖に関する情報)

掲示板
  (アクアリスト交流の場)

エンゼル水槽の案内
  (アクアリスト水槽のご紹介)

AQUARIUM-LINK
  (アクアリウム関連リンク集)
    
 
PR

当サイトの運営をしている
ブリーダー直販のショップです。
良い魚をお求めの方はぜひ
ホームページをご覧下さい。
 
エンゼルフィッシュ徹底飼育マニュアル 第9章
品種によって異なる飼育の難易度について
  
 単にエンゼルフィッシュと言っても非常に多くの種類が存在します。 元々は同じエンゼルフィッシュから改良されたエンゼルフィッシュでも中には飼育の難しい品種も存在します。 このページでは品種をグループに分けて飼育の難易度とポイントを解説します。
 最も飼育の容易なエンゼルフィッシュ
 
 非常に丈夫で飼育、繁殖ともに最も容易なエンゼルフィッシュです。 並エンゼル・ゴールデンエンゼル・マーブルエンゼル・レッドトップエンゼル・トリカラーエンゼルなどがこのタイプに該当します。 水質にもうるさく無く、特に気にしなくとも飼育できるタイプの品種です。 初めて熱帯魚を飼育する場合は特にお勧めしたいエンゼルフィッシュです。
 人気は高いものの、やや水質にうるさいタイプ
 
 このタイプは主にブラック系統のエンゼルフィッシュが該当します。 ブラックエンゼル・レースエンゼル・ゼブラレースエンゼル、その各種ダイヤモンドタイプ等、そしてあまり出回らないレッドトップダイヤモンドエンゼル・トリカラーダイヤモンドエンゼル等がこのタイプに該当します。 ハーフブラックエンゼルやレオパードエンゼルもどちらかと言うとこちらのタイプに分類されます。 飼育のポイントは水質が弱アルカリ性ではあまり調子が良くないので中性から弱酸性の水質で飼育する事がポイントです。
 飼育は容易でも良い個体を育てる為には
      広い水槽が必要な「ベールテール」タイプ
 
 ベールテールと呼ばれる品種は通常のエンゼルよりも各ヒレが長く伸びるタイプのエンゼルフィッシュです。 飼育難易度は該当する改良品種に依存しますが、ヒレが長いので出来れば水槽の深さが45cm以上ある水槽で飼育するとヒレが美しくに伸びるようです。 また、ヒレが長い分だけ普通のエンゼルフィッシュよりも泳ぎが遅い為、強い水流を生み出すフィルターでは水流を弱める対策を行う事がポイントになります。
 飼育は通常の品種と差は無いものの、
     繁殖はやや面倒な「ダイヤモンド」タイプ
 
 ダイヤモンドと呼ばれているタイプのエンゼルフィッシュは鱗の凹凸により光が反射してキラキラと光る美しい品種です。 レッドトップやトリカラー等の透明鱗タイプの品種やブラックエンゼルのような光を吸収して光らないような品種もあります。 飼育そのものは普通種と大差はありませんが、繁殖の場合はどうしても奇形率が高くなりますから選別に手間のかかるタイプの品種です。 また、ダイヤモンドの模様は生まれた時は普通のエンゼルと変わりませんが、ダイヤモンドの血統によってやや差が生じますが、大体生後3ヶ月から4ヶ月程度の時間で現れてきます。 これは体のサイズには影響は無く、速く成長させた場合は体が大きくてもダイヤモンドの模様は現れない場合がありますが、その場合も時間の経過と共にちゃんとダイヤモンドの模様が現れます。
 視力が弱く、やや神経質な「アルビノ」タイプ
 
 アルビノタイプは視力が弱い為に繁殖が困難な品種です。 一般的に販売されているサイズのエンゼルフィッシュであればそれほど問題はありませんが、やや線が細く、病気に弱い面がありますから弱った来た個体は早めに隔離して良く食べる餌を与える事により事前に病気の発生を予防することが大切です。 色々な品種と混ぜて飼育する事も可能ですが、出来ればアルビノタイプだけで飼育したほうがエンゼルフィッシュ同士の強弱が現れにくいのでお勧めします。
品種によって異なる飼育の難易度について
  
 エンゼルフィッシュの飼育は最も大切な事として何よりも状態の良い元気な個体を入手できるかどうかが最大のポイントとも言えます。  やや飼育が難しい品種と言ってもディスカスの様な難しさは無く、基本的にはごく一般的な熱帯魚が飼育できる飼育レベルがあれば飼育できる魚です。  あまり神経質に考えるのではなく、希望に添ったエンゼルを飼育されるのが一番良いと言えるでしょう。
コンテンツ・イメージ
エンゼルフィッシュ
最も一般的で原種のエンゼルに近いエンゼルフィッシュ(並エンゼル)。 安価で販売されている事が多い品種ですが、薄利多売で質の悪い個体も多いので良い個体の入手は意外と難しい事もあります。
 
コンテンツ・イメージ

ブラックベールテールエンゼルはまだエンゼルの品種が少なかった頃には最高峰のエンゼルとして質の良い個体は非常に珍重されていました。 濃厚な黒と赤い目を持つ古き良き時代の個体は現在ではほとんど見られなくなっています。
 
コンテンツ・イメージ

ダイヤモンドエンゼルは体表の鱗が乱れて反射する事で輝きを放つ品種で登場以降、非常に根強い人気がある改良品種の1つです。
 
コンテンツ・イメージ

著者が改良した品種の1つ、アルビノトリカラーダイヤモンドエンゼル。 アルビノとトリカラー、ダイヤモンドの複合品種でやや飼育難易度は高い品種ですが元気な個体さえ入手できれば飼育は特別難しい物ではありません。
 
このページのトップへ戻る