AngelFish.jp
このサイトは熱帯魚の女王と呼ばれるエンゼルフィッシュ(Pterophyllum scalare)をプロブリーダーによる
長年の飼育・繁殖経験に基くノウハウの一部を公開しの魅力と飼育・繁殖など総合情報を提供するサイトです。
魚種別・混泳マニュアル
コンテンツ一覧

魚種別・混泳マニュアル トップ

第1章 カラシン類の混泳

第2章 コイ・ドジョウ類の混泳

第3章 ベタ・グラミー類の混泳

第4章 ナマズ類の混泳

第5章 シクリッド類の混泳

第6章 メダカ類の混泳

第7章 古代魚類の混泳

第8章 その他の魚と混泳
 
 
サイトコンテンツ一覧

サイトトップページへ

徹底飼育マニュアル
  (第1章〜第13章まで)

改良品種カタログ
  (解説付きオンライン図鑑)

■魚種別・混泳マニュアル
  (種別・混泳ポイント)

繁殖方法と命を扱う責任
  (ペア作り〜繁殖まで)

飼育・繁殖 思案
  (飼育・繁殖に関する情報)

掲示板
  (アクアリスト交流の場)

エンゼル水槽の案内
  (アクアリスト水槽のご紹介)

AQUARIUM-LINK
  (アクアリウム関連リンク集)
    
 
PR

当サイトの運営をしている
ブリーダー直販のショップです。
良い魚をお求めの方はぜひ
ホームページをご覧下さい。
 
 熱帯魚の種別・混泳マニュアル
第8章 その他の魚とエンゼルの混泳
 
 第1章から色々な魚のタイプ別にエンゼルとの混泳について掲載してきましたが紹介のなかった魚たちについてはこのページでまとめて紹介します。
 
 ■レインボーフィッシュとエンゼルの混泳
 
 レインボーの仲間は比較的小型の種類からやや大きめの種類まで比較的多くの種類が存在します。 エンゼルとの混泳については基本的にはどのような種類でも可能な場合が多く、10cmほどになるグループとしてはハーフオレンジレインボーやブルーレインボー、コームスケール・レインボーなどが挙げられ、エンゼルと混泳する場合は90cm以上の水槽でゆったりと混泳させるのに向いています。 それに対して5cmほどのグループとしてはネオンドワーフレインボーやポポンデッタ・フルカタ、マクローチレインボーなどの種類については60cmでも混泳は楽しめると言えます。 この仲間の多くは比較的、カラムナリス症に罹りやすい傾向があるので混泳する際には病気の持ち込みを注意しなくてはいけません。
 
 ■ナイフ、ゴースト類とエンゼルの混泳
 
 ナイフフィッシュの仲間はスポットナイフのような種類は古代魚の仲間で紹介しましたが、同じナイフと名前の付く魚でもグリーンナイフやカラポナイフ、リーフナイフなどについては古代魚の仲間ではなく、電気ウナギのグループに属します。 またブラックゴーストを始めとしたゴーストの仲間も同様です。

 基本的にこれらの仲間は電気ウナギを除いてはエンゼルと混泳可能な種類も多く、主に底層を泳ぐ魚の為、全長30cm未満の種類であれば混泳出来ると言っても良いはずです。 ただし同種間では電波を出してテリトリーを主徴するので狭い水槽で似たような仲間を複数飼育するのは難しい面があります。
 
 ■サンフィッシュとエンゼルの混泳
 
 サンフィッシュの仲間はナイル・パーチのような50cm以上に成長する大型種もいればピグミーサンフィッシュのようなわずか3cmほどの種類まで多種多彩です。 ルアーフィッシングでお馴染みのブラックバスやブルーギルもこんな仲間に該当します。 

 エンゼルと混泳可能な種類としては南米産のリーフフィッシュやポリセントラス、プリストレピスやチョコレートナンダスなど、概ねサイズが5〜15cmほどの種類であれば混泳できる種類も多いと言えます。 大半の魚は魚食性の強い魚なので餌にメダカなどを与える場合はカラムナリス菌等の進入には注意すると良いでしょう。
 
 
 
コンテンツ・イメージ
ネオンドワーフレインボー
 ネオンドワーフレインボーは小型で美しいレインボーの1つで最も人気が高い種類の1つと言えるでしょう。 エンゼルとの混泳は問題ありませんが、空腹感が強くなるとエンゼルのヒレを噛る場合があるので注意が必要な事もあります。
 
コンテンツ・イメージ
ショーンプルグス・リーフフィッシュ
ショーンプルグス・リーフフィッシュと呼ばれるポリセントラスは同種間では多少の小競り合いはありますが小型で比較的大人しい魚です。 エンゼルとの混泳は問題ありませんが、口に入るサイズのカラシンなどは食べてしまうので注意する必要があります。
   
コンテンツ・イメージ
ブラックゴースト
 ブラックゴーストは電気ウナギのグループに属する非常にユラユラと泳ぐユーモラスな魚です。 主に底層を泳ぐ魚なのでエンゼルとの混泳はサイズに違いがなければ、たまにエンゼルのヒレを囓るような事はあるものの、混泳で出来ないほど大きな問題はありません。
 
このページのトップへ戻る